管理人山猫礼と副管理人ユースケによる小説と絵のブログ 毎週水曜更新b


by eternal-d-soul
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

もう三週間くらいたつのに連絡すら来ません。
大体VDSLって工事ほとんどいらなくね? どんだけ時間かかってんの?
なんとかしろや! ファイバービッ○!!!

・・・すみません取り乱しました。どうも、山猫です。
とりあえず回線が遅いとどーにもイライラしてしまってブログの更新頻度が下がります・・・
はやく回線繋がらんかねぇ(顔文字ないから略

と、いうわけで学校生活もだいぶん落ち着いてきましたー
でもなんか学部の時に比べてかなりやることが多い・・・それもメインっていうよりは雑用?みたいなのが多い気がする・・・・
まったく疲れるぜ(顔略

まぁ明日は休みだからこんな時間まで学校でまったりと更新作業なんぞしてるわけですがね・・・
なんというかやってる内容がかなり濃い?感じになってきてブログに気軽に書けるネタがあんまりないorz

あ、そういえば今日は初の徳島ラーメンを食ってきましたー。場所は巽屋ってとこ。肉玉ラーメンをむさぼりました。780円・・・高いな(顔略
味はまぁまぁ良い感じ。醤油とんこつらしいけど、色がかーなーり茶色い。まぁ味は比較的濃厚かな?
でもやっぱり福岡人としては博多ラーメンが好き!

あーそれと2日の夜中~6日の夜は福岡に帰りますー
ラーメン食いあさるぜー
多分けっこうGW中は忙しくしてると思いますが、時間ある人は声かけてねー

・・・書くことすくない(顔略

まぁ今日はこんなところでー
それではまたーノシ
[PR]
by eternal-d-soul | 2008-04-28 22:51 | 日記&雑記
思いがけずこちらで神姫をお迎えできたので、まぁちょっとくらいは書いておかないとなーということでw


ムルメルティア:禮焔(ライカ)
 いやーいいですね! 戦車型!!ww 足をゴツイVERにしたらいかんせん接地が悪いですが・・・まぁその気になれば木工用ボンドという名の白濁物でグリップをUPすればいいんでしょうけどもー( ゚Д゚)y─┛~~
 何にせよ本体重量がすごいのでスタンドに頼ってます・・・w ネジはガチで締め上げてますw 安定させられるようにb 
 それにしても武装がいいですねー。戦車砲にパイルバンカー! 男のロマンそのものじゃーありませんか!!
 何かと山猫の感性をくすぐってきやがるぜ・・・・

禮焔「あ、あの・・・大佐? なんか僕の紹介テキトーじゃないですか・・・?」
ジニーナ「まぁマスターってこんな人らしいから・・・ねぇ?」

ゼルノグラード:ジニーナ
 こちらも武器武器した子のゼルノさーん。いやー武器はいい・・・心が癒される・・・
 山猫の愛する武器であるガトリングガンを装備してたり、対戦車ライフルっぽいのも持ってたり・・・こりゃーたまらんですよ!!
 武装のバリエーションという意味ではムルメよりも広い感じですが、対して全体がかなりスマートな印象なのでギャップがありますね。力のムルメル、技のゼルノみたいな。色々組み替えてやんぜ!!

ジニーナ「はぁ・・・ま、別にどうでもいいですけど・・・」
禮焔「た、大佐!! 何してるんですか!!」

e0099593_1353755.jpg


禮焔「貫突!! パイルバンカー!!!!」
ぶふぉ!!( ゚д゚ ;) な、何もしてないよーΣ(;´Д`)
禮焔「そ、そんな手つきで触りまわって!! 何を考えているんですか!! おしおきです! 制裁です!!」
ちょ、まっ(ry
ジニーナ「やれやれ・・・ですね」

とまぁそんな感じー
デジカメがない+回線が未だに低速 のコンボのでいつもよりボリュームが少なめ(´・ω・`)
まぁ仕方ないですよね(;´Д`)
もっと色々写真とか撮ってUPしたいんですが、いかんせん回線ががががが

早く回線こいや!!! 仕事遅いねん!!

がんばります(´・ω・`)
あー五月になったら飛鳥も欲しいなぁ・・・

本領発揮しきれてない感じですが、それではまたーノシシ
[PR]
by eternal-d-soul | 2008-04-17 01:42 | 武装神姫
徳島にきて一週間が経ちました
いやー、なんか春休みのド遊びモードに比べてこっちでやることの多いこと多いこと・・・
連日オリエンテーションとかに追われています(´・ω・`)

ダルイね(;´Д`)

オリエンテとはか明日(てか今日だけど)でほぼ終了ー
その後は授業に追われたり何たりかんたりorz
大変そうです(;´Д`)

こっちに来る前にある程度予想はしてましたが、オリエンテーションのときの先生の有難いお言葉で痛感しました。

「他の大学院はそれほど忙しくないところも多いけど、臨床に関しては一切そういうことはありません。日々研究とレポートに追われることと思いますので、頑張ってくださいね」

ああそうですかry
遊ぶヒマはまぁ適度として、マジバイトとかする余裕あるのかな(;´Д`) ?
多分ないですorz 久々にカテキョで出張るかなぁ・・・あれは収入ショボイけど、時間調整が利きますからねぇ・・・だけども寮でカテキョ先への必要資料とか保管する場所ねーべwww

まぁ何か色々がんばります(´・ω・`)

あ、それと昨日やっと車が来ましたb
古い型のマーチ ボレロというヤツ。なんかクラシカルな感じの面してます。
山猫の中では「バルタン」と呼称。いっそ愛称バルタンにしちゃおうかしら?
しかしホント”バルタン”の到着で一気に生活が楽になりました。やっとスーパーまで出向けた・・・チャリでいったら相当かかりますからね・・・・多分片道で30分以上
車なら10分とかでいけるから楽(*´д`*)

それにしても速度感がないです・・・道がだだっ広い上に交通量は片手でも足りるほど。場所によるっちゃよりますが、大学の付近はそんな感じです。
なので速度感がまるで分かりません・・・それほど馬力のある車じゃないので、飛ばしすぎることは滅多にないとは思うんですが、60kとか出てる感覚まるでなし・・・これは気をつけないと・・・

そんなバルタンでウーロウロしてたんですが、思いがけず武装神姫を発見(*´д`*)
もうテンションあがりまくりwwww
まさかこんな片田舎に神姫が売ってあるとは・・・・しかもゲオにwww
なんでゲオ?(;´Д`)  ネットゲー対応だからかしら?(;´Д`) ?
疑問はありますが、まぁそれはヨシ。値段もちょいと割引きいてたんで思わずゲット!
・・・・お金ないのにorz
リアルに金ないので、ムルメとゼルノで我慢(´・ω・`) 飛鳥はちょっと据え置きね・・・

他にも車のワイパーブレードを変えたり、ハンドルカバーを買ったりと出費が・・・orz
うん、頑張る(;´Д`)  スーパーいけるようになったからお金節約できるもんね!(多分

とまぁそんな感じで忙しいながらもぼちぼち楽しく過ごせてますw 今のところry
まぁホームシック気味でもありますが(´・ω・`)
会えないって辛いね・・・
電話でいくらかカバーできてはいますが・・・
ま、そんな感じ

現在は回線がアホみたいに細いので画像等はしばらくうpしないと思います。
だって日記書いたり巡回するのすらめんどくさいんだもん・・・・
学内の無線ネットワークが使用できたらやってみよーかとは思いますが。

久々の日記なので大量に書いてみましたww
あー、小説かかないとorz
がんばる(´・ω・`)

それではまたーノシ
[PR]
by eternal-d-soul | 2008-04-11 03:27 | 日記&雑記
はいーどうもー鳴門に来て初日記?ですー

都会育ちにはなかなか辛い田舎っぷりですよ(;´Д`)
最寄のコンビニまで1kmくらいあるんじゃないでしょうか・・・・orz
ああ、徒歩2分でいけたコンビニと徒歩3分でいけた駅が懐かしい・・・

とりあえずまだ車がきてないので不便で仕方ないです(´・ω・`)
車がくればけっこう色々マシだと思うんですがねー

とはいえ過去の田舎暮らしで田舎には慣れてるので、けっこう持ってますw
自炊がしにくいのでメシの調達にちょっと困るのが今のところの問題ですかねー
でも当初思ってたよりは自炊とか色々できそうです
これで食費節約できるね!
・・・実際するかはおいといて・・・・

@部屋がせまーい!!!
まぁ自分のモノがあまりに多いのも問題なんでしょうけどw

いや、それより何より問題なのは現在のストロー回線っぷり(;´Д`)
ケータイをモデムにしてるとはいえ、この転送速度は・・・orz
せいぜいチャットが限界です・・・
多分スカイプで声くらいは送れるんじゃないかなーとは思いますけど、画像はムリでしょうね・・・
サイト巡回もまともにできないし・・・・(;´Д`)

とりあえずは生きていけそうですw
のどかなのも案外いいものかもしれせんね( ゚Д゚)y─┛~~

明日からちょいちょい色々始まるみたいですー
明後日は入学式とかその他

まぁ正直ヒマだったんで何か始まってくれたほうが助かりますねwww
というわけで今日はこの辺りでーノシ
[PR]
by eternal-d-soul | 2008-04-06 18:29 | 日記&雑記
はいーってわけで、明日ってかもう今日ですがお引越しデース
すんげー怠けて用意してたからドタバタデース

困ったものです(古泉風に)

マジ本気でダルイ
ヽ(`Д´)ノウワァァァン

がんばるよ(´・ω・`)

まぁそんなこんなで福岡にいるのもあと一日を切ってます。
それほど感慨深いわけでもなry

オレはすぐにでも帰ってくるぜ!!
・・・・がんばって!!!

とりあえず、本日二日の夜(多分8時とか9時とか?もっと遅いかも)
くらいまではこちらにいると思います
なのでまぁ見送ってくれる人は見送ってくれればいいと思うよ!!

そんなノリでw
片付けオワンネーとか思いながら、眠気がヤバイレベルに達しつつありますry

あ、それと向こうに行ってもネットは即使います。
ウィルコム使ってダイヤルアップでいきます。
やりすぎとかそんな声聞こえないわ!!!

・・・THE ネッ中

まぁ2100円で使い放題って聞いたら・・・ねぇ?
やるしかなくね?
ry

ま、そゆこと
御用がある方は速攻でメッセとかで話しかけたりしてくればいいと思うよww

それではまたーノシ
[PR]
by eternal-d-soul | 2008-04-02 04:14 | 日記&雑記

武装神姫:お別れ?

 ついにこのときが来たのか、と僕は思っていた。“そのとき”が痛いほどに僕の胸を突く。分かってはいた。いつかこんな日が来ることは……。
そんなときが来ないことを願っていた。だけどそれは、心の何処かで「そんなこと、ありはしない」と冷静に理解していたからなのかもしれない。
「マスター……」
 黙々と作業を続ける僕の横でストラーフタイプのシエラが呟く。
「なんだい? シエラ?」
「ホントにいいの?」
「……」
 寡黙な彼女だけにその言葉は殊更に重い。その一言にどんな意味が込められているのか……きっと僕が思うよりも遙かに多くのことを彼女は考えて言葉にしているのだろう。
「ああ、仕方ないんだ……」
 シエラの言っていることは分かる。だけど、これはもう決めたこと。どうしようもないこと……
「……わかった」
 それきりシエラは黙り込んでしまった。
沈黙がいつもよりもずっと長く、息苦しいものに感じた。

「そろそろエリシスの番だぞ」
 机の上、僕の目の前でアーンヴァルタイプのエリシスが項垂れている。
「私イヤです……」
「エリシス……」
 意外な一言だった。エリシスはいつも素直だった。少し辛口な時もあるが僕に対して我が儘を言ったことなど記憶にある限りは一度もない。そんな彼女が今、僕の目の前で……
「自分勝手だって分かってます……マスターを困らせてるって分かってます……だけど……だけどっ……!!」
 その先はもう言葉にはなっていなかった。押し殺した嗚咽、ぶるぶると震える肩……涙が流れないとしても分かる。彼女が“泣いている”んだと。
「エリシス……分かってくれ……こうするしか……こうするしかないんだ……他に方法が無いんだよ……」
 辛かった。その言葉を紡ぐのが。まるで鋭い棘を突き立てたれたかの様な痛みが胸に響く。
「でもっ! でも……こんなのって……こんなのってあんまりです!!」
「じゃあ他にどうしろって言うんだよ!!」
 エリシスの言葉に僕は思わず感情的に叫んでしまった。
「っ……!!」
 後に残るのは後悔だけだっていうのに。
「ごめん……」
「……ごめんなさい……マスターだって辛いんですよね……」
 エリシスが顔をあげる。そこには辛そうな顔はもうなかった。代わりにあったのは目一杯の笑顔。
「私、頑張ります! だって……それがマスターのためですから……!!」
「エリシスッ……!!」
 胸が張り裂けそうな思いだった。エリシスの笑顔に、決意に、思いに……僕はぐっと想いを堪えてぷちぷちとハサミ手に取った。
「さーて、それじゃ早速ぷちぷちを巻くかなー!!」
「あうぅ……」
 僕はロールになっている“ぷちぷち”ことエアーパッキンをハサミで丁度良いサイズに切ると、エリシスにあてがった。
「あ、あのマスターやっぱり……」
「問答無用!!」
「あう! あはは!! マスターくすぐったいですっ!」
「我慢我慢! っていうか、エリシスがスタンバイ状態がイヤって言うから仕方ないそのまま巻いてるんだろ?」
「だ、だって……!! あひゃははは!!」
「これ巻かなきゃボディに傷がつくかもしれないんだから、仕方ないんだよ! 引越し先に着くまで我慢すべし!!」
「あはははは!! し、死んじゃうー!!」
 ひとしきり騒いだ後、なんとかエリシスを衝撃から守れる程度のクッションを巻くことが出来た。
「うぅ……なんか息苦しいです……やっぱり辛いです~」
 瓶に閉じこめられた妖精のような感じでエリシスがぽふぽふとぷちぷちの表面を叩く。
「ホントはもうちょっと別の方法で運んであげたかったんだけどな……ほら、人数が人数だし……」
 机に置いたケースの中では同じく起動したままエアーパッキンに包まれた他の神姫達が騒いでいた。
「狭いー! 狭いー!!」
「だ、だめだよ騒いじゃ!!」
「あーもう! まだ着かないの!? マスター!!」
「大佐! これは新たな何かに目覚めてしまいそうですよっ!」
「zzz……」
 全員起動状態……根負けしたのは僕だけど、それにしても……
「やっぱり強引にでもスタンバイ状態にした方が良かったかなぁ……」
「……だから言ったのに」
 エアーパッキンの中でシエラが溜息をついた。










はいー、というわけで引越しネタ+エイプリルフール?チックな感じで書いてみましたw
いや、ホント運ぶときはエアーパッキン巻いておかないと怖いんですよ・・・マジで

実際の神姫だったら多分こういう梱包しなくても大丈夫なくらいは頑丈なのかもしれませんが・・・どっちにしろ人数多すぎだとこんな感じになっちゃうんじゃないかなーと妄想。

神姫系はどうもすぐネタに走ってしまう・・・w
もちょっとマジメな作品も書こう(;´Д`)

それではまたーノシ
[PR]
by eternal-d-soul | 2008-04-01 04:08 | 小説:武装神姫