管理人山猫礼と副管理人ユースケによる小説と絵のブログ 毎週水曜更新b


by eternal-d-soul
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

帰ってきたよー福謳歌

えーということで、福岡に帰ってまいりましたー

疲れたー(;´Д`)
といっても一日は観光みたいなモンでしたがry

大阪なかなかおもろい街ですなー
なんというか、なんばとかホント町全体が祭り?みたいな雰囲気というか

まぁ色々と参考になりましたよ( ゜д゜)y-~~

しかし眠いので今日はこの辺りでry(ぇ

そうそう、忘れないうちに書いておきます

今日帰ってくる前にMP氏と「昼ごはんどうしよー?」って話をしていたんですが・・・
な、なんだこのカツ丼屋はΣ (゚Д゚;)

その名も「かわりカツ丼屋」

文字通り妙ちきりんなカツ丼がオンパでした
そこで山猫はトマトチーズカツ丼。MP氏はマヨキムチカツ丼を注文することに

まぁMP氏のマヨキムチカツ丼は(ry
もう二度とは食べないらしいですry

しかし、意外にも山猫はネタ目的でトマトチーズカツを頼んだんですが・・・
Σ (゚Д゚;)う、うまい・・・!!
なんかフツーに美味い。あの味を忘れないために帰りに食べるのちょっと控えたりry

表現するならば、

 それはまさに驚くべき味だった。過去にこのような取り合わせの食べ物を見たことがあるだろうか?ごく普通のカツの上に適度にとろけたチーズが乗り、その上にホールトマトがトッピングされている。にもかかわらず、カツには醤油ベースのタマネギの入ったたっぷりと染み込み丼物ならではの香ばしい香りをふりまいている。
 それを見た瞬間、私は思った、
「これは・・・本当に食べられるのか?」
 と。ムリもない。おおよそ味が合うとは思えない組み合わせなのだから。
 私は半信半疑ながらも薄いカツ丼用のナベを傾け、どんぶりに入っているご飯の上にトマトチーズカツを乗せた。
「・・・」
 割り箸を割り、軽く礼をする。いつものクセだ。そして私は、そのカツ丼に手をつけた。
「・・・」
 一口目。なるほど。確かに不思議な味だ。今までにこんな味は食べたことがない。いや?しかし・・・
 二口目。
「・・・・」
 三口目。
「う・・・うまい・・・」
 それはまさに予想外だった。醤油ベースの香ばしい汁、カリっとあがった脂っこくない良質のカツ、素材を殺すことのない適度な濃厚さをもったチーズ、そして爽やかな酸味と甘さのトマト・・・それはまさにハーモニー。
 本来カツ丼などは味が濃く、続けて食べているとついついお茶などに手が伸びるものである。しかしどうだろう、このカツ丼の実にさっぱりしていること。醤油、カツ、チーズの織り成す濃厚な味をトマトの酸味がさわやかに取りまとめている。
「完璧だ・・・」
 私はロクに飲み物に手をつけることも無くカツ丼を食べた。気がつけばかき込んでいた。
「うまい・・!!」
 飯粒の最後のひとつまでを食べおわったところで、ようやく私は水を手に取り飲み干した。
 それほどにこのトマトチーズカツ丼は美味かった。


・・・・はい、まぁー長くなるのはいつものクセね(;´Д`)
寝るとかいって何やってんだかry

まぁちょっと?大げさには書きましたが、マジでウンマー!ですた
今度自宅で再現しようと思います。完成した暁には山猫の近所に住んでいる人たちに食べてもらうことが出来るでしょう。

それではパワー使ったので今日はこの辺でー
明日にでも大阪とか?の写真まとめてUPしますね( ゜д゜)y-~~
[PR]
by eternal-d-soul | 2007-04-27 02:51 | 日記&雑記